DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2016/07/16(土)   CATEGORY: 未分類
紙が好き
とてもお気に入りの無印のらくがき帳。
お勉強に使うにも、罫線入りのノートより私には向いているなと改めて。
思えば学生の時、数学はノートじゃなくて藁半紙だったなぁ。…変な子だったのですよ(笑)
なんだろうな…罫線付きって窮屈に感じるというか。
綺麗にゆがまず字を書けるのは素敵なのだけれど、行間を自由に決められないのがね。
そしてやはり「綴じてない」。これが良いとても。なんなら紙の束で十分。
思い付きの殴り書きでも、大事な内容でも、お絵描きでもクロッキーでも受け入れてくれる。大好き。
ただ一つ要望がかなうのならば。
「A4版を出してくれ!」
そう。無印のらくがき帳はB5とB4サイズなのです。色、質感、書き具合も絶妙なこのらくがき帳。
かなりの数の方がA4サイズを待っているのではなかろうかと思うのだが…。
なんなら糊付けも不要!紙束で良し!是非お願いします(笑)

いつの間にか10枚をこえたブックカバーですが。
0716.jpg
読み終わったら不要になるという(笑) 何故か。
本大好き人間は、保管時、どーしても背表紙を見せて並べたいもの。
そう。邪魔なんですよカバー(笑)
タイトル書いたら意味ないし。出版社わからないし。
一冊ずつ厚さが違うから毎回新しいカバーを描く。楽しいのだけれど…
いや、楽しければ良いか(笑)
読みたい本がたまっているので、どんどん描いてどんどん読みます!
CO*0 ] page top
DATE: 2016/05/19(木)   CATEGORY: 未分類
型崩れ
がね、気になったんですよ。着物たちの。
今までハンガーにかけて洋服のようにかけていたのだけれど。
0519.jpg
やっぱダメでしょ(笑)  窮屈ですしね…
しかし、けけの部屋はもういっぱいいっぱいで新しいタンスなんて置けないし。
それに着物たちは目の保養も兼ねているからしまい込みたくない。
積んだら下になる子が可哀相だし抜いたら崩れる。そして諸事情によりこのラックには棚板を足すことができない。
さて、どーしたものか…。
やっぱりかけたい!
そこで研究しました。作ってみました。こちら。
05191.jpg
今まで使っていたプラハンガーに、針金ハンガーを解体したもので腕を2本装着してみました!(本当は滑らないもうちょい立派なハンガーにしたいのだけれどけけはお金がないの…(笑))
そう。この腕に袂をね、かけるのですよ!
こんな感じに!
05192.jpg
満足です(笑)
これで、本たたみしたカタチのままかけてキープできる!袖が長いものばかりなので、ちょうど二つ折りサイズになる!上下2段にすれば収納力もそんなに落ちまい。
まぁ耐久性には少なからず疑問が残るが。大丈夫っしょ(笑)
手に配慮しながら量産を目指します!
CO*2 ] page top
DATE: 2016/05/17(火)   CATEGORY: 未分類
GW 2
里帰りついでの古い建物巡り、青森編です。

まずはこちら、平川市にある盛美園。
05171.jpg
庭園、盛美館、御宝殿からなる国指定名勝です。
庭園も素晴らしいのですが、今回はこの和洋折衷の盛美館!
1909年(明治43年)竣工。
一階は純和風、二階は洋館(床は畳!)…面白い。残念ながら二階は立ち入り禁止でしたが、一階の凝り具合をしっかり満喫できました。
0517.jpg
美しい…。

すぐ近くにある猿賀神社に寄り道。
05172.jpg
上毛野君田道命(かみつけののきみ たじのみこと)を主祭神とする別表神社。
いろいろあり(笑)江戸時代には猿賀山長命院と号する修験道場だったようですね。
明治の神仏分離により明治4年(1871年)に神社になりました。
社前にあったお寺はかつて境内で、神宮寺だった…ちゃんと調べてから行けばよかったわ…
05173.jpg
ちょうど神事が行われるところでした。
境内地がとても広く2つの大池があり、池一面に蓮が生えています。満開の時にまたお邪魔したい。

弘前に移動です。
こちらは弘前城前のスターバックス。
05174.jpg
国登録有形文化財。1917年(大正6年)竣工。
中もレトロで趣があり、とっても良い雰囲気。

そして。
大正浪漫喫茶室。藤田記念庭園にあります。
05175.jpg
国登録有形文化財。1919年(大正8年)竣工。デザインが面白い。
各部屋に暖炉があり、雪国であることを実感。やはり二階は立ち入り禁止でした。
こんなところで働きたい…
05177.jpg
開放的なバルコニー。
皆が昼食をとる中、一人ケーキセット!6種類のアップルパイがあり、とても悩みました。甘すぎずシナモンが効いていておいしかった!
05176.jpg
庭から。素敵ですねー。やはり存在感がある。
こちらの庭も広大です。高さ13mの崖地をはさんで高台部(洋風庭園)と低地部(池泉回遊式の日本庭園)にわかれています。
洋館は高台部にありますが、そこからの岩木山がもう素晴らしい。感動。

最後に青森市の市場に寄って、ちょこっとお買い物。
05178.jpg
遅い時間だったため、生鮮品はガラガラで店じまいしたお店ばかり(笑)
なので、写真は加工食品屋さんです。ここに来るならやはり朝。すじことたらこを買って帰還です。

今回は車内から拝んだ青森銀行記念館や教会等、弘前にも素晴らしい洋館がたくさんあります。
いつか、いつか!全部巡るぞ!(それまでに写真撮影のスキルを上げねば…)
CO*0 ] page top
DATE: 2016/05/10(火)   CATEGORY: 未分類
GW 1
があるなんて!
学生の時分には部活だったし、働き始めてからは仕事で。
世間様と同じようにゴールデンウィークを満喫するなんて!新鮮(笑)

里帰りついでの古い建物巡りをしてまいりました。
岩手と青森をまわって来たのですが、とりあえず盛岡周辺から。

0510.jpg
まずはこちら!
ニュースでも取り上げられたのでご存知の向きも多いかと思いますが。
来月閉店してしまう、花巻市のマルカンデパートでございます。
こちらの大食堂。とてもレトロで大好き。以前行ったことがあり、どーしても閉店前にもう一度行きたい!
えぇ。わかってはいたけれど、とっても混んでおりました。
メニューをだいぶ絞っての営業になっていましたが、目的のソフトクリーム、デザート類においてはなんと50分待ち(笑)
負けません。そばを食べながら待ちます。そして…
05101.jpg
これですよこれ!これを割り箸で食します。
なかなかの重量。パクパク食べます。とても美味です。満足。
が、一つ失敗が…。
そば食べるんじゃなかった(笑)

現在、花巻家守舎というところが運営引継ぎを検討しているということですが…
うまくいくことを祈っております。

さて。
ところ変わってこちら。盛岡バスセンター!
05103.jpg
いやぁ、レトロ。売店と食事処が並んでいます。
ザ・昭和。何故か暖かく感じます。
05102.jpg
ですが、こちらも施設の老朽化等に伴い、9月末に営業終了し年内にも解体が始まるそうです…
なんとも寂しいですが、時の流れには逆らえない。だからこそ、現存しているものに魅力を感じます。

こちらは旧盛岡銀行(岩手銀行旧本店本館)。
国指定有形文化財です。1911年(明治44年)に3年の歳月をかけて竣工。
05104.jpg
似てるなぁ…と思う方もいると思いますが、そう。設計したのは東京駅の赤煉瓦舎を設計した方です。
05105.jpg
めっちゃカッコイイ(笑)

こちらは紺屋町にある紺屋町番屋。
保存建築物。1913年(大正2年)竣工。
05106.jpg
改築されているようですが、十分素敵です。

そしてこちらは盛岡信用金庫本店(旧盛岡貯蓄銀行)
保存建築物。1927年(昭和2年)竣工。
05107.jpg
重厚感があります。

もういろいろうらやましい!他にも歴史を感じる建築物がたくさんあるようです。いつか全て巡りたい。
次回は青森(弘前周辺)をご紹介します!
CO*0 ] page top
DATE: 2016/04/17(日)   CATEGORY: 未分類
朱藍鉛筆
久しぶりの更新になってしまいました。

最近タティングと並行してお気に入りの朱藍鉛筆。
「赤青えんぴつイラストBOOK」なるものをみつけまして。
ブックカバーを作ってみました。
0417.jpg
いい感じ(笑)
紙は、無印良品の再生紙らくがき帳を使いました。
真っ白よりは、茶色やグレー、アイボリーなど色付きの方が合いそうです。
模様を描くのが好きなわたくしですが、これはハマりそう。
もう一色足しても良いかもしれない。が、二色を極めるのも素敵ですね。
CO*0 ] page top
copyright © けけたち all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。