DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2017/01/16(月)   CATEGORY: 未分類
何ヶ月
ぶりでしょう(笑)
いつの間にか年が明けておりましたね。今年もほどほどに創作しますよ~。

バッグがボロボロになってしまったので新調。
01163.jpg
今まで一色だったので、ちょいとカラフルに。8号帆布製。マチを広めに14cmとってみました。
けけは荷物が多いので、持ち手をハードに。柔らかくなるまで時間がかかりそう(笑)

シンプルにするつもりだったのに、だんだんお絵描きしたくなっちゃって。どこまで埋めるか迷ったけど…だいぶ自重した。
01162.jpg
飽きたら描き足していこうかな。いいねそれ。最終的に総柄になるっていうね(笑)

話は変わって。
こちらは骨董屋さんからお迎えした綿入れ!
0116.jpg
何故にこんなに柄がひしめき合っているのか…柄ごとに繋いであるわけではないのですよ。
実はこの生地、色柄見本の反物で誂えてあるのです!
外には着ていけないし、家でも…着るかしら?多分着ない(笑)
でもね、色がツボすぎて…可愛くて可愛くて…ニヤニヤするために連れ帰りました。
ほどいて小物にでもしようかとも思ったのだけれど。いや、このまま愛でましょう。ニヤニヤ万歳。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2016/10/28(金)   CATEGORY: 未分類
作ってみた 2作
まずは、ずっと作ってみたかったバッスルドレス。
今年のハロウィンはこれにゴーストメイクで乗り込みますよ。理想の日傘が見つからなかったのでステッキを持参します。
10215.jpg
時間も予算もなかったため、ベースのワンピースは既製品を転用(ボタンや裾は黒いものに付け替え)
~新しく作ったもの~
○シャボタイ
○パニエ
○オーバースカート
○ボレロ
○トーク帽 (装着法に悩んだけれど、作るのがとても楽しかった!)
シャボタイ、パニエ、ボレロは「うさこの手作りスチームパンク&クラシカルドレス」を参考にしました。
やはり自分に合わせて型紙の調整は必要ですが、なかなかいい感じにできたかなって思う。
今回は真っ黒にしちゃったけど、次はもっとデザインに凝って、緑ベースでフルセット作りたい。


お次はスマホケース
今まで、透明のケースに自分で絵を描いていて。昨夜、ふと「違う柄にしよう」と思い立ち。
今日、以前の絵を消そうとしたら。なんと。消えない(笑)
ビニルケースに油性ペンで描いたのだけれど…時間が経ったからなのかしら?薄くはなるが消える気配が全くない…。
どーしよう…お絵描きしたい…
そうか。ケースを作ってしまえ!!
ということで、こちら。
10212.jpg
初の手帳型。
何も考えずに手持ちのキャンパス地で作ってしまったために、ボソボソして細かい描き込みが全然できないっていうね…
何の為にわざわざケースを作ったのか(泣)
10213.jpg
閉じるとこんな感じ。
作ってから気づいたけど…私が使っている機種は、画面を覆ってしまうと”お知らせランプ”が見えなくなる(笑)
ちょくちょくフタを開けなければいけないね。…え…もしかして目覚ましを止める時も…?
とても不便じゃなくって?!
突発的に作り出すからこーゆーことになるのだよね。…しばらく使ってみるわ。
CO*0 ] page top
DATE: 2016/07/16(土)   CATEGORY: 未分類
紙が好き
とてもお気に入りの無印のらくがき帳。
お勉強に使うにも、罫線入りのノートより私には向いているなと改めて。
思えば学生の時、数学はノートじゃなくて藁半紙だったなぁ。…変な子だったのですよ(笑)
なんだろうな…罫線付きって窮屈に感じるというか。
綺麗にゆがまず字を書けるのは素敵なのだけれど、行間を自由に決められないのがね。
そしてやはり「綴じてない」。これが良いとても。なんなら紙の束で十分。
思い付きの殴り書きでも、大事な内容でも、お絵描きでもクロッキーでも受け入れてくれる。大好き。
ただ一つ要望がかなうのならば。
「A4版を出してくれ!」
そう。無印のらくがき帳はB5とB4サイズなのです。色、質感、書き具合も絶妙なこのらくがき帳。
かなりの数の方がA4サイズを待っているのではなかろうかと思うのだが…。
なんなら糊付けも不要!紙束で良し!是非お願いします(笑)

いつの間にか10枚をこえたブックカバーですが。
0716.jpg
読み終わったら不要になるという(笑) 何故か。
本大好き人間は、保管時、どーしても背表紙を見せて並べたいもの。
そう。邪魔なんですよカバー(笑)
タイトル書いたら意味ないし。出版社わからないし。
一冊ずつ厚さが違うから毎回新しいカバーを描く。楽しいのだけれど…
いや、楽しければ良いか(笑)
読みたい本がたまっているので、どんどん描いてどんどん読みます!
CO*0 ] page top
DATE: 2016/05/19(木)   CATEGORY: 未分類
型崩れ
がね、気になったんですよ。着物たちの。
今までハンガーにかけて洋服のようにかけていたのだけれど。
0519.jpg
やっぱダメでしょ(笑)  窮屈ですしね…
しかし、けけの部屋はもういっぱいいっぱいで新しいタンスなんて置けないし。
それに着物たちは目の保養も兼ねているからしまい込みたくない。
積んだら下になる子が可哀相だし抜いたら崩れる。そして諸事情によりこのラックには棚板を足すことができない。
さて、どーしたものか…。
やっぱりかけたい!
そこで研究しました。作ってみました。こちら。
05191.jpg
今まで使っていたプラハンガーに、針金ハンガーを解体したもので腕を2本装着してみました!(本当は滑らないもうちょい立派なハンガーにしたいのだけれどけけはお金がないの…(笑))
そう。この腕に袂をね、かけるのですよ!
こんな感じに!
05192.jpg
満足です(笑)
これで、本たたみしたカタチのままかけてキープできる!袖が長いものばかりなので、ちょうど二つ折りサイズになる!上下2段にすれば収納力もそんなに落ちまい。
まぁ耐久性には少なからず疑問が残るが。大丈夫っしょ(笑)
手に配慮しながら量産を目指します!
CO*2 ] page top
DATE: 2016/05/17(火)   CATEGORY: 未分類
GW 2
里帰りついでの古い建物巡り、青森編です。

まずはこちら、平川市にある盛美園。
05171.jpg
庭園、盛美館、御宝殿からなる国指定名勝です。
庭園も素晴らしいのですが、今回はこの和洋折衷の盛美館!
1909年(明治43年)竣工。
一階は純和風、二階は洋館(床は畳!)…面白い。残念ながら二階は立ち入り禁止でしたが、一階の凝り具合をしっかり満喫できました。
0517.jpg
美しい…。

すぐ近くにある猿賀神社に寄り道。
05172.jpg
上毛野君田道命(かみつけののきみ たじのみこと)を主祭神とする別表神社。
いろいろあり(笑)江戸時代には猿賀山長命院と号する修験道場だったようですね。
明治の神仏分離により明治4年(1871年)に神社になりました。
社前にあったお寺はかつて境内で、神宮寺だった…ちゃんと調べてから行けばよかったわ…
05173.jpg
ちょうど神事が行われるところでした。
境内地がとても広く2つの大池があり、池一面に蓮が生えています。満開の時にまたお邪魔したい。

弘前に移動です。
こちらは弘前城前のスターバックス。
05174.jpg
国登録有形文化財。1917年(大正6年)竣工。
中もレトロで趣があり、とっても良い雰囲気。

そして。
大正浪漫喫茶室。藤田記念庭園にあります。
05175.jpg
国登録有形文化財。1919年(大正8年)竣工。デザインが面白い。
各部屋に暖炉があり、雪国であることを実感。やはり二階は立ち入り禁止でした。
こんなところで働きたい…
05177.jpg
開放的なバルコニー。
皆が昼食をとる中、一人ケーキセット!6種類のアップルパイがあり、とても悩みました。甘すぎずシナモンが効いていておいしかった!
05176.jpg
庭から。素敵ですねー。やはり存在感がある。
こちらの庭も広大です。高さ13mの崖地をはさんで高台部(洋風庭園)と低地部(池泉回遊式の日本庭園)にわかれています。
洋館は高台部にありますが、そこからの岩木山がもう素晴らしい。感動。

最後に青森市の市場に寄って、ちょこっとお買い物。
05178.jpg
遅い時間だったため、生鮮品はガラガラで店じまいしたお店ばかり(笑)
なので、写真は加工食品屋さんです。ここに来るならやはり朝。すじことたらこを買って帰還です。

今回は車内から拝んだ青森銀行記念館や教会等、弘前にも素晴らしい洋館がたくさんあります。
いつか、いつか!全部巡るぞ!(それまでに写真撮影のスキルを上げねば…)
CO*0 ] page top
copyright © けけたち all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。